「11おひさまファンド」募集が始まりました!

「11おひさまファンド」募集が始まりました!

おひさまエネルギーファンド株式会社は7月14日(金)から、11回目のおひさまファンド『11(わんわん)おひさまファンド』の募集を開始しました。

A号(10年/1口10万円)、B号(19年/1口50万円)の2種類があり、合計1億1000万円を募集します。

ファンド出資金は、飯田市をはじめとする南信州地域や、奈良県生駒市、兵庫県三木市、群馬県高崎市で取り組む太陽光発電事業のほか、富山県立山町で行われる小水力発電事業、鳥取県鳥取市で行われる小型風力発電事業へ再投資されます。

ファンド事業は、おひさま進歩11号株式会社を事業会社として立ち上げて実施します。
詳しくは、おひさまエネルギーファンド株式会社のホームページをご覧ください。
おひさまファンドのこれまでの実績は、おひさまエネルギーファンド社のこれまでの実績ページに掲載しています。

11回目のおひさまファンド

「おひさまファンド」は地球温暖化を防止し、持続可能な社会を実現するため、市民のお金で国内の自然エネルギーを増やす仕組みです。

2005年から始まった「おひさまファンド」は、今回で11回目を迎えました。
その名も「11(わんわん)おひさまファンド」。

今回は、各地域に眠る新たな自然エネルギーも発掘する一歩として、このように名づけました。
市民のチカラで地域のタカラ、一緒に見つけていきましょう。